ベートーベンのソナタ

赤松林太郎先生のベートーベンソナタ5番の

講座を受講してきました♬

沢山の学びがありましたが、

中でも

フォルティシモについて

1世代前のモーツァルトは、まだ、ピアノという楽器が発展途上だったので、強弱の幅が狭かったのですが、

ベートーベンの頃には、ほぼ、現在のピアノと同じ楽器になりました。

そこで、

ベートーベンはフォルティシモを、ふんだんに使い、激しさを表現しています。

で、講座では、

ベートーベンの場合、

フォルテはニュアンス

フォルティシモは

全てを犠牲にしていいから、

音をならせ~!

でした。

了解です、ベートーベンさん!

フォルティシモ!

全てを犠牲にして~!

ジャーン!

足りない!

  • どかーん!!‼️
  •